【PER】割安株の考え方 低PER = 割安とは限らない? 本当に重要なのはEPS!

PERという株価指標を聞いたことがあるでしょうか?Price Earning Ratioの略称で、日本語では「株価収益率」と表します。株式投資家にとってはポピュラーな投資指標の1つです。

株式投資を覚えたての方は、「PERが10を下回っている銘柄は、株価が割安だから買い!」となるケースが多々あります。自分もそうでした。

しかし、PERの数字それ自体が重要ではないのです。この記事では

  • PERとはどのような指標か?
  • PERはどのように動くのか?
  • PERだけで割安・割高の判断をするのが危険な理由
  • EPSとビジネスモデルの強さがポイント

の4点について、具体的にまとめます!

PERとは?

PERは以下の式で算出されます。

PER = 株価 ÷ EPS

EPSとはEarning Per Shareの略称で、日本語では「1株当たり利益」と表します。ここで利益とは当期純利益のことを指します。EPSは以下の式で算出されます。

EPS = 当期純利益 ÷ 発行済株式数

つまり、“株価が下がる”または、”EPSが上がる”ことによってPERの値は低くなります。

PERはどのように推移するのか?

では、PERの構成要素であるEPSと株価の動き方から、PERは実際にどのような推移をするのかを整理してみましょう。

EPSは年に4回しか更新されない

一部の例外を除いて、株式会社には3ヶ月に1回、決算公告の義務があります。

つまり、3ヶ月ごとに「どのくらいの売上と費用がかかって、利益はこれだけ出ましたよ」という内容を報告する“貸借対照表”を開示する必要があります。

貸借対照表を見れば、その企業が3ヶ月で1株当たりどのくらい利益を出したか?つまり、EPSが分かります。

EPSが開示されるのは決算期のみですので、投資家は企業のEPS情報を年間4回しか知ることができません。

株価は未来のEPSを想定して動く

日々の株価というのは投資家の需給関係、つまり「この値段なら買った!売った!」というオークションを無限に繰り返しながら変動しています。

そして、投資家が「買った!売った!」の判断をする基本的な材料は、これまで企業のEPS推移と経済ニュース(材料と呼ばれます)から考慮した今後のEPS予測です。

企業が発表するEPSの確定情報は年間4回、そしてアナリスト予測EPSは週1回更新されますが、株価は営業日は毎日動きますので少しラグが生じます。

また、アナリストも預言者ではないですから、予測EPSが実態と完璧に一致する訳でもありません。

日々のPERというのは投資家の需要に過熱感が出た場合、株価の上昇に伴い上昇し、需要が冷めて株価が下落した場合低下します。

直近PERだけで株価の割安度を判断するのは危険?

なるほど、ではPERが低い = 株価は安くなっていると言えます。このパターンは全て割安株と言えるのでしょうか?KDDIの株価を例に挙げて考えてみましょう。日足チャートです。

KDDIは9月上旬から、株価が急落しており、一時はコロナ禍で下落した水準まで達していました。

これは菅総理が「携帯料金の値下げを強く推進する」と発言したことから、「実現したらEPSが下がる!」と投資家が考え、株価が先行して下落したからです。

携帯料金値下げによるKDDIの株価への影響は以下の記事にまとめていますので、ご覧ください!

関連記事

優良な株主優待、配当利回り4%超えの高配当に加えて、業績も好調な大手通信キャリアKDDIは投資家に人気な株の1つです。一方で株価はこの2週間で10%強下落しておりかなり不調な状態。今回の記事ではKDDI株価が不調となった経[…]

10/8の終値は2726円でした。会社予想ベースのPERは9.8倍となっており、PERの数値だけを見ると割安に見えます。では今の株価は割安で買いなのか?というとそうとも限りません。

なぜなら、菅総理が携帯料金の値下げを実施した場合、”KDDIのEPSがどこまで下がるのか?”が現状未知数だからです。

本当にEPSが下落した場合、株価の変動なしでPERは上昇するため、現状が割安ではなくただの適性価格となってしまいます。

ですので、具体的な値下げ案が発表されるまでは、あまり手を出したくないなと考えています。

このような業績悪化を見越してPERが下がる株は割安株とは区別する必要があります。

真の割安株とは将来的にEPSが上がる株

ではPERはどう使えば良いのか?真に割安な株は以下の条件でPERが低いものです。

  • ビジネスモデルに成長性がある
  • 過去データからEPSが上昇傾向にある
  • 投資家からまだ注目度が低く株価が低い

この条件で低PERとなる株をリサーチするのです。

まとめ

この記事では、「PERの定義」「PERはどのように動く?」「割高、割安の判断の仕方」について整理しました。結論としては、

  • PERは株価を1株当たりの利益で割った指標
  • 業績が悪化・業績向上どちらでもPERは下がる可能性がある
  • 割安株というのは"EPSが高くなりそうなのにまだ株価が安い株"

です。くれぐれも投資は自己責任で!

それではまた次の記事で

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.